ダイエット

オオサカ堂のゼニカルは最安値?売られている薬は本物なのか?

ゼニカルを病院やクリニックで処方してもらっている方が多いと思いますが、病院で購入する場合、1錠300円以上とかなり高額。

代わりに個人輸入代行サイトでゼニカルを買ってみたいと思っている方も多いでしょう。

しかし、個人輸入代行通販サイトで売られているゼニカルの値段はそれぞれ異なり、一番安いサイトと一番高いサイトでは値段がほぼ倍近い差がありました。

価格の差には何があるのでしょうか?実際に一番安く売られているサイトと一番高く売られているサイトでゼニカルを購入して比較してみました。

また、オオサカ堂で売られている薬が本物かどうかを確かめてみました。

ゼニカルの価格を比較

ゼニカルが売られている個人輸入代行を全て調べてみました。結果、一番安かったのが「オオサカ堂」、一番高かったのが「くすりエクスプレス」でした。今回は双方のサイトからゼニカルを購入してみました。

ゼニカル1箱42錠タイプ
ベストケンコー 8,780円(1錠209円)
クスリエックスプレス 8,780円(1錠209円)
メデマート 8,500円(1錠202円)
あんしん通販 7,980円(1錠190円)
iherb 取り扱いなし
お薬ラボ 5,700円(1錠135円)
おくすり購買部 5,700円(1錠135円)
お薬ナビ 5,700円(1錠135円)
薬のオンライン 7,480円(1錠178円)
オオサカ堂 5,190円(1錠123円)

ゼニカルには42錠入りの物と82錠入りの物があります。

オオサカ堂では42錠を5,190円。82錠を9,133円で売られています。

オオサカ堂ではゼニカルがかなり安く売られていますが、ゼニカルのジェネリック薬品「オルリファスト」の方がさらに安く買えます。オルリファストとゼニカルの成分は一緒です。

オルリファストの効果と副作用とは?

一番安かったオオサカ堂:5,190円(42錠)
一番高かったくすりエクスプレス:8,780円(42錠)

ちなみに一番高かったくすりエクスプレスでは42錠を8,780円で売られています。つまり、オオサカ堂とくすりエクスプレスでは値段の差がほぼ倍でした。

今回はオオサカ堂とくすりエクスプレスのゼニカルを購入し比較しようと思いましたが、オオサカ堂では42錠入りのゼニカルが売り切れになっていたため、代わりに82錠入りを購入しました。

くすりエクスプレスでは42錠入りでも売られていたため、42錠入りを購入しました。

≫オオサカ堂公式サイト

ゼニカルの配送

個人輸入代行サイトでの通販を購入すると商品は海外から発送されます。売られている商品が安いのも海外で仕入れているからです。

オオサカ堂の場合

オオサカ堂で購入したゼニカルはこのように届けられました。シンガポールから発送されるとサイトには記載されていましたが、実際は台湾から発送されていました。

ゼニカルはこのような小さい箱に入れられて送られてきました。箱には伝票といったものは特に入っていません。

くすりエクスプレスの場合

くすりエクスプレスで購入したゼニカルはシンガポールからの発送でした。オオサカ堂と同じような箱に入れられて送られてきました。

このように個人輸入代行によって配送元の国は異なります。

ゼニカルが入った段ボールの中を比較

段ボール箱から取り出すとこのように両方とも同じようなゼニカルの箱に入っています。しかし、よく見ると双方の言語が違いますよね!オオサカ堂で購入したゼニカルにはアラビア語。くすりエクスプレスで購入したゼニカルには英語が表記されています。

また、細かく見ると販売会社も違いますよね。オオサカ堂のゼニカルはOrlistat。くすりエクスプレスのゼニカルにはRocheと記載されていました。

OrlistatとRocheは違う会社かと思いましたが、どうやらRoxicとOrlistatは同じ会社のようです。

オオサカ堂の場合

くすりエクスプレスの場合

オオサカ堂のゼニカルは台湾からの発送でしたが、商品にはアラビア語が表記されていました。つまり、中東で購入されたゼニカルが一度台湾で集められ、日本向けに梱包して発送しているようです。

一方のくすりエクスプレスで購入したゼニカルも全て英語で表記されていたため、シンガポールとは別の国で購入された可能性が高い。くすりエクスプレスもまたシンガポールに商品が集められ、日本向けに梱包して発送しているようです。

ゼニカルの箱を比較

両社で購入したゼニカルの見た目はほとんど一緒ですが、箱の言語、止められているテープ、箱の後ろに記載されていることが少し異なっていました。これは購入した国が違うため、こういった違いがあります。

オオサカ堂の場合

くすりエクスプレスの場合

ゼニカルのカプセルの形

ゼニカルのカプセルはご存じの通りこのような青色をしているカプセルです。カプセルの表面上には販売会社名が記載されています。オオサカ堂とくすりエクスプレスで購入したゼニカルに違いはありませんでした。

・オオサカ堂

・くすりエクスプレス

ゼニカルのカプセルの中身

最もの気になるのがゼニカルのカプセルの中身。パッケージからゼニカルを出してみます。

カプセルから中身を取り出しますとこのように白い粉になっています。両方とも白い粉ですが、よく見るとつぶつぶのようになっています。見た目では双方ともに違いはありませんでした。

ゼニカルを呑んでみた結果

見た目では違いを見分けることが出来なかったので、2週間ずつ両方のゼニカルを試してみました。

ゼニカルは以前美容整形外科で処方されたゼニカルを飲んだことがあるので、ゼニカルの効き目については一通り知っています。そして、今回2種類のゼニカルを飲みましたが、以前病院で処方されたゼニカルと同じ効果がありました。

便に油が混じったり、お尻から油が漏れるというゼニカルの副作用も一緒でした。体重については2週間ずつしか試していないので、それほど劇的な変化はありませんでしたが、飲み続ければ体重が減っていきそうな感じはしました。

ゼニカルはなぜこんなに安く売られてるのか?

ここまで注文したゼニカルについてご紹介してきましたが、ゼニカルがなぜこんなに安く売られているのかと疑問に思った方も多いでしょう。個人輸入代行で売られているゼニカルの値段はクリニックや病院で処方される値段の約4分の1。偽物ではないかと疑う方も多いでしょう。

こちらをご覧ください。こちらの写真はオオサカ堂から購入したゼニカルの箱の背面ですが、値段が記載されていました。36.69ユーロと書かれています。つまりオオサカ堂が仕入れているゼニカルの国では約4,000円で売られているのです。卸会社から購入すればさらに安く仕入れることが出来るでしょう。

≫オオサカ堂公式サイト

つまり、海外ではゼニカルは日本よりも圧倒的に安い値段で売られていたのです。個人輸入代行サイトは偽物を作る必要はなく、日本に転売するだけで儲かるという仕組みなのです。

まとめ

ゼニカルは全世界で140カ国以上で売られており、各国の物価も異なるので、ゼニカルが高く売られている国があれば、安く売られている国もあります。個人輸入代行の通販サイトはそうした物価の安い国からゼニカルを購入し日本で販売しているのです。箱に記載されている言語に多少の違いはありますが、中身は全く一緒で効果も一緒でした。

日本ではゼニカルを購入するのに医師の処方箋が必要となりますが、海外では気軽に購入することができます。

ゼニカルは確かに痩せることが出来ますが、副作用があるため、副作用をきちんと理解した上で購入することをお勧めします。

これからゼニカルを購入しようかと悩まれている方は最安値で購入できるオオサカ堂がおすすめです!

≫オオサカ堂公式サイト