ダイエット

ゼニカルの副作用とは?肺がんになるリスクがある?!

ゼニカルで痩せると聞いたけど、副作用はどうなの?こんな風に不安に思っている人も多いと思います。ゼニカル確かに副作用があります。しかし、しっかり副作用を理解すれば特に不安に感じることはありません。

今回はゼニカルを飲むことで発生する副作用についてご紹介いたします。

ゼニカルの効果とは?

 

そもそもなぜゼニカルを飲むと痩せれるのでしょうか?「ゼニカル」とは、消化酵素のリパーゼに働きかける「オルリスタット」という主成分で作られた肥満治療薬です。

ゼニカルは口から飲むカプセルタイプの薬です。ゼニカルを服用することで、体型維持したい方や体重の管理が必要な方に有効的な薬とされています。

日本でゼニカルを購入する場合は美容整形外科で処方してもらう必要があります。安全な薬ではありますが他の薬と同じように副作用がありますがので、副作用についてもしっかり理解しておきましょう。

ゼニカルの働きとは?

オリスタットの働きでリパーゼの働きを阻害することはわかりましたが、なぜリパーゼの働きが悪くなると体の体重に変化が起きるのでしょうか?

オリスタットは、腸での脂肪分の吸収を阻害してくれます。

私達の体内には、リパーゼという消化酵素があります。このリパーゼは脂肪を分解する働きがあり、分解する事で体内に脂肪が吸収されます。

オリスタットは、このリパーゼの働きを阻害します。

しかし、リパーゼの働き全てを止めるわけではなく、脂肪分解を邪魔するだけなので体の機能を停止する事なく安全に服用できると言うわけです。

≫ゼニカルの詳細について

ゼニカルの効果は?

ゼニカルの成分オルリスタットが、脂肪をカットする割合は30%ほどになります。本当なら食事をする事で吸収されるはずの脂肪の吸収を阻害するので、食べても太りにくいことになります。

ただ、すでに蓄積されている体の脂肪を減らすという訳ではなく、脂肪の吸収を減らすことで、体重に変化が起きる薬になっています。また、肥満予防のような薬でもあります。

ゼニカルの良さは、食事を楽しみながらダイエットを行えることです。だからといって暴飲暴食をしても良いという訳ではありません。食事の量も減らさないと意味がありません。

脂肪分の吸収を阻害するゼニカルですが、脂肪分の少ない食事にはそもそも阻害するほど油はない為、効果は発揮しないでしょう。だからといって、ゼニカルの効果を得るために脂肪分をあえて多く取り入れた食事にしなくてもいいですが、油っこい食事の時などに服用されるといいと思います。

≫ゼニカルはどこで買える? 

ゼニカルの副作用はあるのか?

一番怖いのが副作用ですよね。ゼニカルにももちろん副作用はあります。世の中にある全ての薬で副作用はあります。副作用と効果は全く違うことのように思えますが、実は一緒なのです。例えば、花粉症の薬は免疫力を下げることで、鼻水やくしゃみを止めるのですが、免疫力を下げることで風邪が引きやすくなります。

それでは、ゼニカルにはどんな副作用があるのでしょうか?

ゼニカルを服用して多い副作用は「下痢」

ゼニカルは脂肪分吸収をカットし、便として排出されます。ゼニカルを服用すると吸収されなかった脂肪分つまり油が便として排出されることにより、下痢になる場合があります。

下痢を伴う副作用や症状

下痢や軟便

便の失禁

便意がコントロールできない、急な便意

おならの回数が増える

ゼニカルを飲むとこれらの症状が出ます。驚くのは下痢や軟便に油がそのものが出ることです。また、便と吸収されなかった油が混ざり、臭いもします。便意のコントロールができないというのは、油が自分の知らないうちに出てしまったり、おならの際に不意に出てしまったりなんてこともあります。

しかし、油が吸収されないからこそ下痢の副作用が起きます。

糖質カットで効果あるとされているサプリもありますが、ゼニカルのような効果はないので、正直効果はほとんどありません。

ゼニカルでは男女問わず、この症状は出始めますが排出物には油そのものが出るので、清潔を保つように入浴の際はよく洗い清潔を保つように心掛けましょう。

この副作用は、飲んでる間ずっと続くというわけではなく、1週間から1ヶ月もしくは数ヶ月で治まりますが、症状がひどい場合や不安な方は生理用ナプキンや大人用の紙おむつで対策をしておくと良いと思います。

ゼニカルだけではなく起こる「胆石症」

食事療法や運動などのダイエットしている方は、胆石症になることがありゼニカル服用時に限ったことではありませんが、胆石症の発症率が通常1.8パーセントに対しゼニカル服用者は2.9%と確率が上がります。

腹痛や嘔吐、吐き気などの症状が現れた場合は服用を中止し医師に相談しましょう。

ゼニカルを服用する場合の副作用「ビタミン不足」

ゼニカルは腸管による脂肪分の吸収を阻害しますが、ビタミン系、特に脂溶性ビタミンの吸収も阻害してしまいます。

毎日ゼニカルを服用するとビタミン不足になってしまいます。脂溶性ビタミンのビタミンA、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンK、βカロチンの摂取量を多く増やす必要あり、このビタミンの中でもビタミンEとβカロチンは血漿中濃度が統計的にも減少がみられることから、脂溶性ビタミン補助剤も併用して服用するようにアメリカ食品医薬局(FDA)が勧告を支持しています。

脂溶性ビタミンは、サプリなどでも販売されていますので、ゼニカルを毎日服用する方や不安な方はビタミン系のサプリも服用することをオススメします。

ゼニカルには8種類のビタミンが含まれているこちらのビタミン剤がおすすめです

稀に起こる副作用「肝臓障害」「腎臓障害」

誰もが起こりやすい下痢の副作用とは違い、稀におこる副作用ではありますが肝臓障害を起こす場合があります。

肝臓障害の症状

食欲がわかない

肌がかゆい

肌や眼球が黄色っぽくなる

これの症状に当てはまる場合、早急に医師に相談してください。また、こちらも稀ですが、腎臓に障害を起こす場合もあります。

腎臓障害の症状

尿量が減る

尿に血が混じる

背中に痛みがある

手足のむくみがひどい

これらの症状が現れた時も、服用を中止し医師に早急に相談しましょう。

このようにゼニカルを服用するとこういった副作用が発生することもありますが、健康体であればそこまで心配する必要はありません。

ゼニカルで肺がんになる?

ゼニカルを飲むと肺がんにという研究結果があり、肺がんになるのではないかと思われる方も多いでしょう。しかし、研究結果には科学的な根拠はなく、ゼニカルによる肺がんかどうかはわかっていません。

ゼニカルを飲むとビタミンや油の吸収が減り、体は栄養不足になってしまいます。栄養不足になると体は様々な病気を起こしやすくなるのです。

これはゼニカルに限ったことではなく、糖質カットダイエットでも誤ったやり方をしてしまうと体は栄養不足に陥ります。

ゼニカルを服用する用法と容量を守る

ゼニカルの用法・容量は1回1カプセル、1日3回までとなります。早くダイエットしたいからと、2カプセルを飲んだり、飲み忘れてしまったから2カプセル飲むなんてことをしてはいけません。1回1カプセルと正しい飲み方を守ってください。

ゼニカルを服用してはいけない方

ゼニカルを服用してはいけない体の人がいます。これらに該当する方はお控えください。

妊娠中、授乳中の方

摂食障害の方

精神障害の方

甲状腺治療、甲状腺の薬を飲まれている方

栄養失調の方

これらに該当する場合は服用してはいけません。ゼニカルと他の薬との飲み合わせでも注意が必要な薬もあります。

ワルファン

ワーファリン

ヘパリン

チラージン

抗てんかん薬

シクロスポリン

これらの薬との飲み合わせは注意必要であり、ほんの一例になりますので、普段薬を服用されている方はご自身の薬と併用しても大丈夫なのかは、きちんと医師に相談した上でゼニカルを服用しましょう。

安全な肥満治療薬

上記で副作用をご覧になって、怖いなと感じた方もいらっしゃると思います。しかし、きちんとルールを守り服用する事で、安全と言われる肥満治療薬を実感できることになります。特に持病がない方は副作用の心配も特にする必要はありません!

服用し始めて2週間もすると、実感し始め服用を続けることで半年から1年と体重・体脂肪への効果が期待できます。

ダイエットの中では、食べ物を我慢することによりストレスとなり肌荒れやリバウンドを繰り返したりと悪循環に陥ってしまうケースが多いですが、好きなものを食べつつカロリーを抑えられるので、無理をしないで続けられるダイエットとなります。

ゼニカルはどこで手に入る?

ゼニカルは、日本では製造承認がされていませんが、個人輸入サイトや通販、美容外科などの医師による処方で入手することができます。お得な値段で入手したい場合は個人代行サイトがおすすめ!

ゼニカルが最安値で売られている個人輸入代行サイトとは?

ゼニカルの処方薬の価格相場

美容外科やダイエット外来による処方の場合、院によっても異なりますが、高いところでは1粒400円で処方されるところもあります。

平均して250円だとして、1日3回飲む必要があるので、1日で750円、10日で7500円、1ヵ月で22,500円もかかってしまいます・・・これに診察料などが加わり、合計すると診察も受けるのでかなり高めになってしまいます!

個人輸入代行で購入すれば、美容整形外科よりもはるかにお得な値段で購入するが出来ます。

個人輸入で特に有名なのがオオサカ堂!

ゼニカルが気になる方はオオサカ堂での購入がおすすめです。

≫ゼニカルの詳細について

ゼニカルのジェネリック薬品とは…

ジェネリックという言葉をよく聞きますが、ジェネリックとは新薬(先発医薬品)の特許が切れた後に発売される後発医薬品のことで、まったく同じ有効成分で同じ効果が得られ、価格が安いという薬です。

実はゼニカルにもジェネリック薬品があり、オリンガルやスリムトム、オルリファストといった商品があります。

ただ、日本では未承認の薬が多いのでご注意ください。

オルリファストの効果と口コミについて

ゼニカルのまとめ

ゼニカルは肥満治療薬として知られています。副作用があることもきちんと理解しておきましょう。ただ、用法・容量を守って服用すれば副作用を恐れることはありません。

無理なくダイエットができるゼニカルの服用をしてみてはいかがでしょうか。