ダイエット

グルコバイの効果とは?ダイエットする上での飲み方について

薬物療法のひとつに使用される医薬品、グルコバイは、その薬効や特徴から、ダイエットにも活用できる薬、というイメージを多くの人が抱いているようです。

今回は、日本国内でも承認されている有効成分、アカルボースを含有したグルコバイが、本当にダイエットに効果的なアプローチをしてくれるのか、知っておきたい注意点や飲み方などをわかりやすくご紹介!

ダイエットにグルコバイを活用しようと思うみなさんは、知っておきたい詳細のポイントをぜひ参考にしてくださいね。

グルコバイを最安値で買う

そもそもグルコバイってどんな薬?

ダイエットに活用しようと多くの人が興味を惹かれているグルコバイは、実はダイエットではなく「糖尿病」の治療に有効な医薬品として知られています。

ここでは、グルコバイがなぜダイエットにも効果があるというウワサが広まってしまったのか、気になる理由をまとめてみました。

グルコバイの商品詳細

  • 医薬品名:グルコバイ
  • 目的:糖尿病による食後の過血糖の改善・予防
  • 内容量:90錠
  • 価格:2,210円(為替の変動によって価格が変わることもある)

グルコバイの特徴

糖尿病やその疾患にかかわるトラブルの治療に用いられているグルコバイは、食後の血糖値の上昇を防ぐ特徴があるため、ダイエットへの効果にも一役買ってくれるというイメージが広がったのかもしれません。

グルコバイの有効成分となるアカルボースは、インスリンの分泌を促進したり、コントロールすることができる医薬品と比較をしてみると、副作用が少なく、注射の必要がないことから、安全性にも優れています。

そのため、体質や服用の方法によっては、「痩せた」「血糖値を抑える効果が期待できる」という情報が広まり、ダイエットに使う人が増えてきたのかもしれません。

グルコバイでダイエットはできない

グルコバイは、あくまで糖尿病やこの病気とかかわりのある疾患に作用する医薬品となっているため、カラダに何の問題がない人が服用してしまうと、思わぬ副作用が起きてしまうリスクもあります。

サプリメントとは違い、グルコバイは、カラダに少なからず負担を与えてしまう副作用があり、体内へ作用する効果も強いことから、ダイエットに活用することはおすすめできません。

ダイエットに活用できるサプリではゼニカルシュガーバン などがオススメです。

グルコバイの効果とは?

インスリンの作用、分泌が不安定でないことが原因で起こる糖尿病の治療薬、グルコバイには、服用することで次のようなメリット・効果を期待することができます。

血糖値の上昇をブロック

わたしたちの小腸には、糖質の分解をサポートする消化酵素のはたらきを阻害してしまう、「α-グルコシターゼ」という物質が存在しています。

グルコバイは、服用すると有効成分のアカルボースのはたらきによって、食事から摂取された糖質の消化・吸収を緩やかに変え、血糖値の上昇を抑える効果が期待できます。

グルコバイは、腸からの糖質・炭水化物の消化吸収をゆっくりと遅らせながら、インスリンの分泌を節約し、膵臓にかかる負担を軽減する効果も。

このようなグルコバイの特徴は、わたしたちの身近にあるダイエットサプリメントにとても似ていて、食事から摂取された糖質をブロックするタイプの商品がたくさんあります。

そのため、グルコバイもダイエットに効果的というイメージを持たれてしまったのかもしれませんね。

α-アミラーゼを阻害する

グルコバイには、50㎎の容量にて、イモ類に含まれている脂質に変わりやすい栄養成分、でんぷんを分解する効果も期待できます。

グルコバイを服用すると、でんぷんを分解するために必要な、膵液や唾液のα-アミラーゼを阻害しながら、糖尿病による肥満体形や血糖値が上昇しやすい体質を改善する効果が期待されています。

グルコバイの良い口コミ・悪い口コミ

グルコバイは、糖尿病やこの疾患にかかわりのある病気に悩む男性・女性に多く活用され、報告されている口コミも日々更新が増えているよう。

ここでは、グルコバイを実際に服用した方の良い口コミ・悪い口コミを集め、気になるダイエットの効果があるのかどうかについても調べてみました。

グルコバイの良い口コミ

血糖値の数値が良くなり、カラダとココロの不安が解消された

血糖値の上昇が防げるので、今までよりも食事をすることが楽しい

グルコバイを服用しないと、高血糖になって眠くなるため、薬効はホンモノだと思う

糖尿病の予防には効果的ですが、ダイエットに活用するのはカラダへの負担が大きいと思うし、実際痩せたという情報も聞きませんね

◇1日1錠の摂取でも、3回の食後すべてが血糖値上昇のトラブルが起きにくい

グルコバイの悪い口コミ

▼服用するとすぐに眠くなり、仕事に集中できないことがある

▼ダイエットの薬だという情報が多く、勘違いしやすい

▼ダイエットに活用したら眠気とお腹の痛みなどが起きてしまった

グルコバイの口コミのまとめ

グルコバイを実際に服用している人の口コミをチェックしてみると、あくまで糖尿病や高血糖、血糖値の上昇に関しては効果が期待できるものの、ダイエット用に使用するのはさまざまなリスクがあることがわかりました。

グルコバイの正しい飲み方とは?

食後の血糖値の上昇が気になっていたり、糖質や炭水化物の多い食品を摂取する機会が多い方は、グルコバイを正しく服用すると、カラダの内側からの健康にアプローチすることができます。

ここでは、グルコバイの正しい飲み方を把握し、自己判断での服用を避けるきっかけにも役立てていきましょう。

グルコバイの服用の量は?

グルコバイは、服用する方それぞれの症状・体質に合わせて、ドクターによって決められることが一般的です。

通常は、成人の場合、1回50㎎のグルコバイからスタートし、カラダが副作用にある程度耐えられるか同課の見極めを行いましょう。

副作用の出方によっては、ドクターの判断にて1回当たり100㎎までの増量がなされることもあります。

虚弱体質だったり、高齢の方の場合は、1回50㎎からスタートすることが一般的です。

グルコバイの飲み方

グルコバイは、1日3回、食事の直前に服用します。水がなくても口の中でスピーディーに溶ける薬ですので、舌の上に唾液をたっぷりと含ませ、舌でつぶしてから唾液で飲みこみます。

ただ、唾液の量が少なかったり、飲みにくいと感じた場合は、水やぬるま湯での服用も可能です。

グルコバイを飲み忘れてしまった時

グルコバイを飲み忘れてしまっても、決して2回分を一度に服用しないこと。食事の直前にグルコバイを飲み忘れてしまった時は、食事中に1回分を服用し、食後から時間が経ってしまっている場合は、1回を飛ばして次の時間に1回分を服用しましょう。

グルコバイに心配な副作用はある?

グルコバイは、一定の期間継続して服用する薬となっているため、カラダへの負担や安全性、副作用ついてもしっかりと把握しておきたいところ。

グルコバイの副作用について調べてみると、

  1. グルコバイの種類によっては効果があるときとない時がある
  2. おならが出やすくなる
  3. お腹が張るように感じることが多い
  4. お腹の痛み、胃の不快感、ゴロゴロした音が出やすくなる

といったウィークポイントが報告されています。グルコバイは、服用すると糖質のカットのようなサポートをするため、腸への作用が強く、ぜん動運動が活性化することでお腹のトラブルにつながりやすいデメリットがあります。

副作用については、服用した人がすべて起こることはないため、ドクターに相談したり、服用する量の変更を相談するなど、自身のカラダに負担をかけない飲み方についても見極めておきましょう。

グルコバイのオトクなショッピング情報

グルコバイは、基本的にクリニックにてドクターによる診察・判断のもとに処方される薬となっています。

ただ、お仕事や家事などでクリニックに行く時間が取れない場合でも、インタネットの通販サイトでグルコバイを購入することができます。

通販サイトで有名なのがオオサカ堂で買われる方がかなり多いようです。

ゼニカルはダイエットに効果あるのか?

~おわりに~

ダイエット用の薬だと思っていたグルコバイは、実はカラダの不調が気になる方のための医薬品であることがわかりました。

間違った情報に左右されず、グルコバイを安心・安全に活用するため、お伝えした情報や注意ポイントをもう一度見直してみてくださいね。

グルコバイを最安値で買う